大阪くらしの今昔館

大阪くらしの今昔館

●住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」とは?
住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」は2001年4月に開館しました。ここは「住まいの歴史と文化」をテーマにした、日本で初めての專門ミュージアムです。
住まい情報センターのビルの9階「なにわ町家の歳時記」は、江戸時代のフロア。天保初年(1830年代前半)の大坂の町並みを実物大で復元しています。8階「モダン大阪パノラマ遊覧」は、明治・大正・昭和のフロアで近代大阪の住まいと暮らしを模型や資料で展示。さらに企画展示室では特別展や企画展を開催しています。
●所在地:〒530-0041 大阪市北区天神橋6丁目4-20 住まい情報センタービル8階 大阪市立住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館
●交通アクセス(電車):地下鉄Osaka Metro谷町線・堺筋線、阪急電鉄「天神橋筋六丁目」駅下車 3号出口より直結、JR大阪環状線「天満」駅から商店街を右(北)に徒歩7分
●交通アクセス(タクシー):JR「大阪」駅御堂筋南口から都島通り経由、約2㎞、7分
●交通アクセス(車):阪神高速道路「守口線」長柄出口から都島通り経由、約500m
●お問い合わせ:Tel 06-6242-1170 Fax 06-6354-8601
●公式ホームページ:http://konjyakukan.com/#
●これからの企画展示:昭和レトロ家電 2019年4/20(土)~5/26(日)

※着物姿で江戸時代の町並みを散策してみませんか?
今昔館の9階近世のフロアでは着物(夏期は浴衣)に着替えて江戸時代の町並みを散策することができます。洋服の上からはおる簡単な着付けなので気軽にご利用いただけます。是非、着物姿で今昔館を楽しんでください。
★受付時間 10:00~
★一日: 先着300名様
★ご利用時間:お1人様30分間
★ご利用料金:お1人様1回\500
★身長制限:110cm以上OK
★国内外にかかわらず、小学校・中学校団体様の着物体験利用の受付は行なっておりません。
【 ご提供するサービスの内容 】
・着物・草履のレンタル
・着付け *服の上から着物を着ていただきます。
・上着、厚手の衣類(セーター、トレーナー等)は脱いでください。
・和小物(巾着等)のレンタル

大阪くらしの今昔館に行ってきました。大阪市北区にあります。最寄り駅は地下鉄天神橋筋六丁目になります。家から車で5分程で行ける近場にあります。
ここでは大阪の昔と今の街並みや暮らしの展示を見る事ができます。
先ずエレベーターで住まい情報センターのビルの8階へ上がると入口があり、そこからエスカレーターで10階へ上がり、9階の展示を屋根の上から見下ろしながら9階へ下ります。
9階「なにわ町家の歳時記」は、江戸時代のフロアで、天保初年(1830年代前半)、江戸時代の大坂の町並みを実物大で復元しています。実物大なので建物ごと再現され、銭湯や薬屋等のお店や住宅など細かい所まで徹底的に再現されているので、時代劇のセットの中にいるような感覚を味わえます。
また、30分間500円で着物(夏期は浴衣)の着付けをして貰え、着物に着替えて江戸時代の町並みを散策することができます。着物姿で江戸時代の街並みの各所で記念写真が撮れる為、外国人のお客さんが多いです。
また、ある程度の時間が経つと定期的に照明が明るくなったり暗くなる事で、昼の景・夜の景を楽しむ事もできます。
更に8階「モダン大阪パノラマ遊覧」に下りますと、明治・大正・昭和のフロアになっていて、近代大阪の住まいと暮らしを模型や資料で展示。
懐かしい昔の家具や家電品、大阪の街並みの模型等が展示され、昭和の家電品や商店街等のジオラマを見るとぎりぎり知っている物や風景があったり、まだ知らない物もどこか懐かしい雰囲気を味わえ、楽しめる空間になっています。
さらに企画展示室では特別展や企画展を開催していまして近日、昭和レトロ家電 2019年4/20(土)~5/26(日)が展示されるようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です